ビースポークについて

東日本大震災が発生した2011年は、「見えない不安」と多言語での「間違った情報」が大きな混乱を招き、日本の危機管理体制の課題が浮き彫りになりました。あれから約11年。「正確性」そして「リアルタイム性」が求められる緊迫した環境において「安心・安全」を届けるために始まったのが、緊急時の多言語対応「ビーボット」のプロジェクトです。

そこに「地元の人が案内してくれているような安心感」を追加したのが、旅行者向け「 Bebot」です。初めての場所への旅行。振り返ってみると、記憶に残るのは、 きっとガイドブックやインターネットで調べ尽くした観光スポットよりも、 たまたま地元の人にオススメされて入ったお店や場所での体験だったり。「安心・安全」そして「特別な体験」を「スマートフォン1つで再現するのが私たちのミッションです。

毎年発生する大型の台風や世界的な疫病の大流行。刻々と変わる状況に関する正確な情報をリアルタイムで提供するために、ビースポークでは世界中で活躍するAIの技術者を採用し、2015年から独自のAI技術を開発してまいりました。それは、「ビーボット」を実際に利用した3,000万人の会話履歴をもとに開発された、「安心・安全」を届けるためのAIです。

ホスピタリティの領域からスタートした「Bebot」ですが、2019年以降は観光以外の行政領域にも拡大し、チャットボットを活用したオンライン市役所、制度案内、危機管理のためのツールとして導入されるなど、国内外で活躍の幅が広がっています。最近では、国が支援するスタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に選定されたほか、代表の綱川が政府のデジタル臨時行政調査会に有識者委員として参加するなど、スタートアップ企業の立場から国や自治体におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進に取り組んでいます。

主な導入実績

政府機関

日本政府観光局 (JNTO)

自治体・DMO

三重県
富山市
南砺市
京都市観光協会
志摩市観光協会
鳥羽市観光協会
ニセコDMO
富山県
阿蘇市
ニセコ
日光DMO
竹富町
山梨県
東京都社会福祉協議会
広島観光連盟

交通機関

成田国際空港
仙台国際空港
JR東京駅
東京メトロ
富士急行
西日本鉄道
丸一観光

その他

米国タンパ国際空港
ウィーン国際空港
独スターアライアンス
阿波銀行
DAIMARU
ホテルニューオータニ
ホテルオークラ
東京ステーションホテル
ロイヤルパークホテル
城ヶ倉観光
三菱地所プロパティマネジメント
他多数

沿革

2015/10
設立
2016年12月
宿泊施設向け『BEBOT』の1次ベータリリース
2017年 4月
宿泊施設向けに『BEBOT』を正式リリース
2017年 9月
成田国際空港に空港版『BEBOT』を導入
世界初の空港 x チャットボット案件
2018年 3月
JR東京駅に鉄道駅版『BEBOT』を導入
世界初の大型駅 x チャットボット案件
2018年 4月
ホテルニューオータニ(東京)に『BEBOT』を導入
2018年 6月
JR東日本グループとパートナーシップ契約
日本におけるスタートアップ企業TOP100に選出
2019年 1月
京都市に自治体版『BEBOT』を導入
世界初の大型観光地 x チャットボット案件
2020年 3月
首相官邸のコロナ特設ページへコロナ対応『BEBOT』を導入
2020年 6月
タンパ国際空港むけにコロナ対応『BEBOT』を導入
2021年 4月
スターアライアンス本社へコロナ対応『BEBOT』を導入
2021年 10月
竹富町へ総合案内窓口対応『BEBOT』を導入
経産省が推進するスタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に採択
2022年 3月
南砺市へ育児支援用『BEBOT』を導入
Hi, I'm Bebot! How can I help you?

主要株主

綱川明美 / Ron Drabkin / 高野秀敏 / アーキタイプベンチャーズ株式会社
田口茂樹 / 酒井 将 / 嵜本晋輔 / Damian Thong / 他

会社概要

社名
株式会社ビースポーク
代表
綱川 明美
所在地
本社:東京都渋谷区渋谷2−21−1
渋谷ヒカリエ8F
事業
AIソリューションサービス
設立
2015年10月
従業員
40名
資本金
9,817万円