Bebot for Airports & Stations

交通機関 x AIチャットボット「Bebot」

チャットボットで多言語対応。Bebotなら、行列解消と満足度向上を同時に実現。

お問い合わせ

空港 & 駅向けチャットボット

よくある質問にAIが自動で多言語対応

「旅マエ」から「旅ナカ」までお客様が知りたい質問に、100%自社開発の人工知能が24時間どこでも返答。緊急時には当社の専属オペレーターが対応。

お客様の声を可視化

Bebotのチャット履歴を分析することで、施設内サービス改善のヒントや新たなビジネスチャンスが見えてくることも。

混雑の緩和

Bebotなら特定の経路を施設利用客にご案内するなど、混雑緩和が可能です。

利用者の満足度向上

行列に並ばずに、お客様自身のスマホで問題解消。ストレスフリーな旅を提供することで満足度向上を実現します。

導入事例

成田国際空港

日本の玄関口である「成田国際空港」。スマホで空港のWifiに接続すると、ダウンロードなしでBebotが登場。フライト情報だけでなく、施設案内や交通案内そしてアンケートにもAIで自動対応。導入時からの満足度は82%を超えています。

さらに詳しく(外部サイト) →

JR 東京駅

1日あたり100万人以上の乗降客が利用する東京駅構内のご案内、コインロッカーの場所や空き情報、そ周辺エリアの飲食店、観光スポットなど多岐にわたる情報を提供中。

さらに詳しく(外部サイト) →

JRリゾート列車「伊豆クレイル」

海外からの観光客にも大人気の高級リゾート列車、「伊豆クレイル」。Bebotなら、駅だけでなく車両内でも使えるので、移動中も効率よく楽しく情報収拾するのに活躍中。

設置手順

1

ご契約

導入目的に沿って仕様を決定後、ご契約手続きが開始。

2

開発

各施設のご要望に合わせ、各施設専用のBebotを当社で設計・開発。

3

利用開始

施設や列車のWi-Fiの接続完了画面をBebotのURLへ差し替え。または運用中のサイト上にBebotアイコンを設置することでBebotの運用がスタート。