Bebot CrisisConnect

AIチャットボットを用いた緊急時のコミュニケーション

災害時に地域住民および観光客とのリアルタイムでのコミュニケーションを実現します。

資料を請求する

導入効果

1

リアルタイム情報展開

最新情報や災害時の緊急対応などの重要な情報を拡散します。

2

災害対応者の負担軽減

電話回線のように災害時にパンクせず、災害対応者と被災者の間の大規模なコミュニケーションチャンネルを構築。

資料を請求する

ご利用開始までの流れ

1

お申し込み

お問い合わせは以下のボタンから。お客様に最適なプランをご提案いたします。

2

導入準備

正確なニーズに合わせてコンテンツを調整。1週間で開始。

3

ご利用開始

お客様のホームページやSNS上に専用URLをご掲載いただくだけで、CrisisConnectが利用可能に!

導入事例

日本政府観光局

日本でのコロナウイルスの流行に対処するため、CrisisConnectは多言語で旅行者及び外国人居住者をサポートしています。
注意すべき症状や、どのような予防策を講じるべきかといった健康面やウイルス固有の情報、及び発生状況に関する最新のニュースや感染率等の統計情報、政府機関への連絡先も提供しています。

 

将来の災害対策のために

自動収集された被災報告や照会情報を数値化・分析することで、将来の災害へのより有効な対策の実施を目指します。

 

被災情報の一元管理

関連データの数値化

有事の際のリアルタイム情報展開ならCrisis Connect。まずはご相談ください。

お問い合わせ